東村山市、清瀬市、所沢市で進学塾・学習塾・個別指導塾をお探しなら、「新秋津駅」から徒歩1分の「秋津進学教室」まで

東京都東村山市秋津町5-15-7
JR武蔵野線「新秋津」駅から徒歩1分/西武池袋線「秋津」駅から徒歩5分

042-393-3835

営業時間

14:30~22:00(日祝を除く)

特集! 小学生の授業 

算数 ~思考力~

 計算だけできても算数の力があるとは言い切れません。では算数の力とは何でしょうか。

 計算力はもちろん必要ですが、筋道立てて考えることができる論理性、様々な条件を使いこなす力、平面図形や立体図形を認識する能力、数に関する感性、一見関連性のないものを関連付ける力、規則を見抜く力などなど、たくさんのものがあります。

 主に算数に関した問題を扱っていますが、上記の力は、他の教科や将来的には仕事をする上でも役に立つ能力です。いくつか例題を見てみましょう。

<例題1>

 2016年の某大学入試でも出題された「ナンプレ」「数独」と呼ばれるパズルです。

ルールに当てはまるように全てのマスを埋めるには「論理力」が必要です。

適当に数字を埋める子がいるので、「なぜこのマスにこの数字が入るのか」を説明できるようにしています。

 

<例題2>

 問題の突破口がどこにあるのかを考えることも重要です。「どうやって解くの?」と尋ねてくる子はたくさんいます。すぐには教えずに、子どもが自分で発見できるのを待ちます。(「待ってあげる」ことも指導上とても大切です)

 「1問目を○とすると・・・」と仮定して解き進めるのが一つの方法ですが、この問題の場合は「ちはるさんとふみ子さんのとく点差が1点で、えらんだ○×が1問目のみ異なる」ことに着眼できたら素晴らしいです。

 

<例題3>

 空間把握能力をみる問題です。プリントにあるひもを頭の中で動かし、はなすことができるかどうか考えます。分からない場合は、実物を見るのが一番なので、実際に作ってみます。

 立体図形の展開図も、頭の中で組み立てられない場合は実際に作ってみて、再度頭の中でそれを再生してみましょう。

 普段の生活の中で空間認識能力を鍛えるヒントも教えています。

 

国語 ~読解力~

 国語力には、読む力・書く力・聴く力・話す力などがあり、論理力に限らず言葉への感性も必要となります。

 読む力を伸ばすために、さらに細分化されたテーマがいろいろとありますが、その一つである「指示語」について、少し見てみましょう。

(文字が小さい場合は、拡大あるいはダウンロードしてお読みください)